ブルーベリーの高い栄養価で体にたくさんの良い影響が出てきます。

MENU

ブルーベリー

世の中にはさまざまな健康食材が存在していますが、最近は「ブルーベリー」の健康効果に注目が集まりつつあります。

 

ブルーベリーは北アメリカ原産のツツジ科に分類される落葉低木果樹の総称であり、成木の高さは1.5m~3mほどと低めです。アサイーと見た目がそっくりと言われています。
ブルーベリーの樹木に成る果実は食べると甘酸っぱく、ケーキやジャムなどの材料としても高い人気を誇っています。

 

昔から視力の回復や健康維持、老化予防やがん予防に効果があると言われてきましたが、最近ではその栄養価の高さにも注目が集まっています。

 

ブルーベリーの主な栄養分は豊富なビタミンE食物繊維、そしてブルーベリーに含まれる注目すべき成分としては「アントシアニン」と呼ばれる有効成分が挙げられます。

 

ブルーベリー

ブルーベリーに豊富に含まれているビタミンEには血液の循環を良くして血液をサラサラにする働きがあり、「高血圧」や「動脈硬化」などの予防・改善に効果があると言われています。

 

また、注目すべき成分として先にも述べた「アントシアニン」には眼精疲労の改善や回復に効果が期待できると言われてています。
アントシアニンには活性酸素を取り除く働きがある為、強力な「抗酸化作用」による癌予防効果も期待できます。

 

ちなみにブルーベリーを原材料に謳ったサプリメントに使われている果実は厳密に言うとブルーベリーではなく、「ビルベリー」という種類の果実になります。

 

北アメリカ原産のブルーベリーは元々アメリカの先住民にとって重要なフルーツでしたが、その高い健康効果と美容効果が注目された事で世界中に広まり、現在では日本国内でもブルーベリーを栽培する農家も数多く存在しています。

 

ブルーベリーに含まれる豊富なビタミンEは健康効果だけでなく美容にも良いと言われており、最近では美容分野でもブルーベリー由来の成分を配合したサプリメントなどが数多く市販されています。さらにブルーベリーには食物繊維も豊富に含まれているため、女性の大敵でもある便秘を解消する効果も期待できます。