高い血管拡張作用のあるイチョウ葉。これにより色々な効果をもたらします!

MENU

イチョウ葉

イチョウと聞くと秋~冬の始まりに掛けて鮮やかに色付くイチョウ並木を思い浮かべる人が大半だと思いますが、実をいうとイチョウの葉には多くの効能が期待できる有効成分がたっぷりと含まれています。

 

そのため、現在の日本国内で市販されている健康食品やサプリメントなどにはイチョウ葉を由来とした有効成分が配合されている事も多いのです。

 

イチョウは約2億5千万年以上も前から地球に存在していたとされており、度重なる地殻変動や環境の変化を乗り越えてきた強靭な植物としても知られています。
古来より中国ではイチョウの葉や果実が漢方薬として利用されてきたという記録も残っており、現在でもイチョウは多くの漢方薬に利用されています。

 

イチョウ葉から抽出されるエキスには13種類ものフラボノイドとギンコライドと呼ばれる有効成分が含まれています。

 

このフラボノイドとギンコライドと呼ばれる成分には血管拡張作用や動脈予防の改善、鎮痙作用や血糖値の正常化、癌予防などの効果が期待できます。

 

また、イチョウ葉エキスには「精力剤」としての効能も期待できます。

→精力剤の原で有名なものにはマカもあります。

 

その理由は「高い血管拡張作用」にあります。

 

イチョウ葉エキスを摂取すると豊富に含まれるフラボノイドの働きによって血管が拡張され、血流が改善されていきます。

 

その結果、脳や毛細血管の血行が良くなって「認知症の予防」「冷え性の改善」「高血圧症の改善」「神経痛の改善」といった効果を得ることが出来ます。

 

特に脳の血流改善は実生活でもさまざまなメリットをもたらすので、たとえばビジネスマンや受験生などは集中して頭を使いたいときにイチョウ葉エキスを摂取すると普段より頭が働くようになるのでオススメです。

 

また、イチョウ葉エキスには血液の流れを良好にするだけでなく、血液そのものを浄化してキレイにする作用もあるため、日常的に摂取する事で血液の流れを促進しながら血液サラサラ効果をも同時に得ることが出来ます。