女性ホルモンの一種である、エストロゲンと似た働きを持っています。

MENU

イソフラボン

今ではさまざまな健康食品やサプリメントが日本国内で流通していますが、中でもここ数年の間に注目度を高めているのが大豆由来成分として知られる「イソフラボン」です。

 

イソフラボンとは大豆に含まれる成分の名称であり、ここ最近では女性ホルモンの一種としても知られるエストロゲンと似たような働きをする事が判明したことで「更年期障害」の辛い症状を改善する為の救世主として脚光を浴び始めています。

 

イソフラボンは大豆胚芽に多く含まれるフラボノイドの一種ですが、このイソフラボンは更年期障害の辛い各症状を改善するだけでなく、骨粗しょう症や乳癌といった女性に多い疾患にも効果を発揮する事が分かっています。

 

その為、大豆由来のイソフラボンは日本だけでなく今では世界中が注目する有効成分なのです。
女性の多くは中高年期を迎えると女性ホルモンの分泌量が減り、

  • のぼせや火照り
  • 発汗や冷え性
  • 憂鬱感や焦燥感
  • 不眠や耳鳴り
  • 記憶力の低下
  • 痺れや肩こり

といった更年期障害特有の症状に悩まされるようになります。

 

こうした各症状については女性ホルモンの分泌量を増やせば改善するようにも思えますが、加齢によって減少した女性ホルモンの分泌量を元に戻すのはなかなか難しいのが現状です。

 

しかし、大豆由来のイソフラボンは女性ホルモンの一種であるエストロゲンと似た働きをする為、日常的に摂取する事で更年期障害の辛い症状を緩和したり改善へと導く事が出来るのです。

 

また、女性ホルモンの分泌が少ないとカルシウムが骨から溶け出してしまうため、骨粗しょう症に陥るリスクが高まります。しかし、エストロゲンと似た働きを持つイソフラボンを摂取する事によって骨からカルシウムが流出するのを防ぎ、骨粗しょう症を効果的に予防する事が出来ます。

 

最近ではイソフラボンの摂取によって若返り効果も認められており、大豆由来のイソフラボンは全ての女性のとってパーフェクトな存在として認識されつつあります。