血糖値を上がりにくくする働きがあるインスリンが含まれています。

MENU

蘭山苦瓜

蘭山苦瓜」をご存知ですか?なんだか難しそうな単語ですよね。

 

苦瓜

よく見ると「苦瓜」っていう文字が入っています。
「苦瓜」は「ニガウリ」と読み、おなじみのゴーヤのことなんです。

 

「蘭山(ランザン)苦瓜」は、主に中国の広東省で採れるゴーヤのことを指しています。

 

この蘭山苦瓜が、今、話題になっているんです。
名前はとっても効果がありそうな健康食品ですが、実際には、どうなんでしょうか?

 

蘭山苦瓜について、見ていきましょう!

 

 

蘭山苦瓜って、どんなものなの?

ゴーヤって聞くと、ツブツブした表面が思いつきますよね。
でも、蘭山苦瓜はツブツブしていなくて、ヘチマのような外観をしています。

 

外観もゴーヤとは違いますが、栄養成分も違うんです。
ゴーヤと言えば、栄養成分の詰まった野菜だというイメージがあります。
その考えは正しくて、昔から健康に良い食品として扱われてきているんです。

 

蘭山苦瓜は、なんとそのゴーヤの上をいく栄養成分が含まれています!

 

栄養をしっかり摂りたい私たちにとって、健康食品として魅力いっぱいの食材ですよね。

 

 

蘭山苦瓜って、安全なの?

蘭山苦瓜の栄養を凝縮したものは、多くは「糖素減」という名前の商品で販売されています。
原材料は、もちろん天然の中国産・蘭山苦瓜です。

 

「食品は、国産のものを愛用しているから…。」と外国産の蘭山苦瓜を使った商品に、
不安を感じる人もいるかもしれませんね。

 

多くの販売会社では、蘭山苦瓜の安全性を確認して、輸入・販売をしています。
購入前に、きちんとチェックされたものなのかを確認すれば、より安心して使うことが出来ちゃいますよね。

 

 

蘭山苦瓜の効果ってどんなもの?

蘭山苦瓜には、血糖値を下げる効果があると言われています。
それは、植物由来のインスリンが含まれているからなんです。

 

食後に血糖値が上がりにくくする働きがインスリンにはあるので、血糖値で悩んでいる人には、オススメの健康食品と言えますね。

 

血糖値を下げてくれる蘭山苦瓜。
栄養もたっぷりと含まれているから、血糖値が気になる人は、一度試してみませんか?