京都府京丹波街周辺で栽培される黒豆のことを「丹波黒豆」と呼びます。

MENU

丹波黒豆

日本国内には実にさまざまな健康食品が市販されていますが、現在では外国から輸入される食材の方が多い傾向があります。

 

しかし、日本で古来より親しまれてきた食材の中にも美容や健康に良いものは沢山あり、中でも「大豆」「黒豆」はミラクルフードとして今、世界中から注目を集めています。

 

大豆や黒豆は元々、東アジアに限られた食用の作物でしたが、20世紀に入ってからは入り油糧作物や飼料作物として世界中で生産が始まった事で広く認知されるようになります。

 

丹波黒豆

 

最近では大豆の一種である「黒豆」の健康効果が世界中で脚光を浴びており、中でも兵庫県篠山市周辺や京都府京丹波街周辺で栽培される黒豆は「丹波黒豆」と呼ばれ、他の品種よりも豆が大きく栄養価も高い事で有名です。

 

丹波黒豆には大豆と同じく「大豆イソフラボン」「食物繊維」「ビタミン類」などが豊富に含まれています。

 

また、丹波黒豆の皮の部分に含まれている「アントシアニン」にはさまざまな美容効果や健康効果があると言われており、世界中で健康食品やサプリメントの原材料として需要が高まりつつあります。

 

丹波黒豆に含まれるアントシアニンには皮膚のコラーゲン同士を結合させる作用がある為、日常的な摂取によって肌荒れを予防したり肌の状態を整えて美肌効果を得ることが出来ます。

 

また、丹波黒豆に含まれる豊富なサポニンには腸で吸収されたブドウ糖が脂肪に変換されるのを抑制し、余分な脂肪の代謝を促進する働きがあるので「肥満予防」の効果も期待できます。

 

さらに先ほどのアントシアニンにも脂肪吸収の抑制効果や脂肪排出を促す効果がある為、丹波黒豆はまさに究極の「ダイエットフード」と言えるのです。

 

丹波黒豆に含まれる豊富なアントシアニンにはシミやシワの原因となる活性酸素を減少させる働きがあるので定期摂取によって「アンチエイジング」を目指す事も可能となります。

 

丹波黒豆にはチロシナーゼと呼ばれる有効成分が含まれており、このチロシナーゼがシミを作る酵素を抑制する役割を担ってくれるのでシミ対策にも活用する事が出来ます。